入試相談資料請求
入試情報・学費
EXAMINATION
入試情報・学費

国際学部

INTERNATIONAL STUDIES
東大阪キャンパス
国際学科(東アジア専攻)

一般入試・後期/共通テスト併用方式(後期)

入試日程

  • 情報学部
  • 法学部
  • 経済学部
  • 経営学部
  • 理工学部
  • 建築学部
  • 薬学部
  • 文芸学部
  • 総合社会学部
  • 国際学部
  • 農学部
  • 生物理工学部
  • 工学部
  • 産業理工学部
  • 短期大学部
試験日 2023年(令和5年)
3月8日(水)/3月9日(木)[試験日自由選択]
出願期間 2023年(令和5年)
2月3日(金)~2月27日(月)〈消印有効〉
合格発表 2023年(令和5年)
3月18日(土)

募集概要

一般入試・後期

出願資格 次の1~3のいずれかに該当する者
  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および令和5年3月卒業見込みの者。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および令和5年3月修了見込みの者。
  3. その他文部科学省令により、上記と同等以上の学力があると認められる者。
選考方法 個別学力試験(実技、小論文、面接を実施する学部があります。)の得点と出身高等学校もしくは中等教育学校等の調査書を総合して合否を判定します。
東アジア専攻(中国語コース) 2人
東アジア専攻(韓国語コース) 2人
  • 募集人員には、指定校推薦等を含みます。

試験科目

2023年度(令和5年度)一般入試・後期
教科・科目 試験時間 配点
・外国語
「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ」
11:00~12:00(60分) 100点
・国語
「国語総合・現代文B・古典B(いずれも漢文を除く)」
13:00~14:00(60分) 100点
以下から1科目選択
・地歴
「世界史B」「日本史B」「地理B」
・公民
「政治・経済」
・数学
「数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B(数列、ベクトル)」
14:40〜15:40(60分) 100点
  • 3教科3科目受験し、「国語」「地歴・公民・数学」の高得点科目と「外国語」の2教科2科目200点満点で合否を判定する。(3教科受験しないと欠席扱いとなります。)
  • 高得点判定方式の「外国語」は学科試験の得点、もしくは外部試験利用制度を活用し、本学指定の資格試験等の成績による「みなし得点」により合否判定します。個別学力試験の「外国語」の受験は必須です。(3教科受験しないと欠席扱いとなります。)
  • グローバル専攻の国際学部独自方式は、「外国語」1科目100点で合否判定します。
2023年度(令和5年度)共通テスト併用方式(後期)
  • 国際学科 グローバル専攻のみ
  教科・科目 配点
個別学力試験科目 一般入試・後期において実施する試験教科・科目の中から、高得点の1科目を合否判定に使用する。 100点 300点
大学入学共通テスト試験科目 ・外国語
「英語」(リスニングを含む)
  • 大学入学共通テスト「英語」(リスニング含む)の配点は、リーディング100点、リスニング100点の200点満点のため、本学ではリーディング160点、リスニング40点の200点に換算する。
200点
過去問題

判定方式・併願制度

判定方式

高得点判定方式(必須) 一般入試・後期で行う判定方式です。(医学部除く)3教科3科目受験し、そのうち高得点の2教科2科目で合否判定します。ただし、薬学部は、「英語」「数学」の高得点科目と「理科」、国際学部は「国語」「地歴・公民・数学」の高得点科目と「英語」の2教科2科目で判定します。
外部試験利用制度(希望者のみ) 英語の各種資格試験等で一定以上の資格・スコアを取得している方は、本学の「英語」の得点にみなして受験することができます。ただし、本学の「英語」の受験は必須です。英語の受験得点と外部試験のみなし得点とを比較し、高得点を採用し、合否判定します。 併願制度の高得点科目重視方式や学部内併願方式での判定も可能です。情報学部独自方式、国際学部独自方式、生物理工学部独自方式では利用できません。

併願制度

高得点科目重視方式 スタンダード方式(スタンダード型)の得点を利用して判定する併願方式です。受験した教科・科目のうち、最高得点科目の点数(選択科目は得点調整後)を2倍に換算し、他の科目との総合点で合否判定します。また、合格者数は、スタンダード方式と高得点科目重視方式の受験者数の比率をもとに募集人員を按分し、決定します。なお、他学部併願方式、文系学部学部内併願方式および理系学部学部内併願方式でも、利用することができます。
文系学部学部内併願方式 推薦入試(一般公募)および一般入試の全日程において、経済学部、経営学部、文芸学部(芸術学科 舞台芸術専攻(推薦入試(一般公募)、一般入試・前期(B日程))・造形芸術専攻(実技試験判定型)を除く)、総合社会学部、国際学部の同一学部内の他の学科・専攻・コースを併願して受験、判定される制度です。
文系学部他学部併願方式 一般入試・前期(A日程)と一般入試・後期において、情報学部(一般入試・前期(A日程)の英・数・理型を除く)、法学部、経済学部、経営学部、文芸学部(一般入試・後期では、芸術学科 造形芸術専攻(実技試験判定型)を除く)、総合社会学部、国際学部、短期大学部の間で、他の学部の学科・専攻・コースを併願して受験、判定される制度です。ただし、短期大学部を第一志望とした場合は、文系学部他学部併願方式は利用できません。併願先の学部・学科にない科目を解答した場合、併願先の合否判定時には当該科目は0点として扱います。併願学科数に制限はありません。

併願制度活用例

入学手続

合格者の学費納入およびインターネット入学手続は、以下の手続方法で行ってください。

一括手続 入学時納入金(入学金+前期授業料等)+インターネット入学手続
入学手続締切日:2023年(令和5年)3月26日(日)
国際学部
国際学科(東アジア専攻)