入試相談資料請求
入試情報・学費
EXAMINATION
入試情報・学費

必要書類

必要書類

  • 以下の表に記載されている書類を送付用封筒(令和4年度入学試験要項巻末)または市販の封筒に入れ、「簡易書留・速達」で送付期限内に郵便局窓口から郵送してください。送付用封筒に必要書類が入らない場合は、折って入れてください。
    登録を完了した後、画面上に表示される書類郵送用の宛先シートを印刷し、市販の封筒に貼って使用することも可能です。
  • 1回目の出願は、各必要書類1通の郵送が必要です。複数の日程や学部学科を一度に出願した場合も、各必要書類は1通提出するだけで結構です。(「※再出願者の提出書類の取り扱いについて」はこちら
送付先 〒539-8691 日本郵便 新大阪郵便局留
近畿大学 出願受付係
調査書等

下記の該当するいずれかの書類一式を提出してください。

  1. 高等学校または中等教育学校の卒業者・卒業見込者
    【調査書】1通
    • 文部科学省の指定の様式により、学校長が出願前3カ月以内に作成・厳封したものに限ります。
    • 学習成績の状況に関しましては、新型コロナウイルス感染症対策で3学年1学期の中間・期末テストが実施できなかった場合、実施された範囲の実績で調査書に記載してください。
  2. 外国において学校教育における12年の課程修了(見込み)者
    【修了(見込)証明書】1通+【成績証明書】1通
    • 日本と外国両方の高校に在学した者は、日本の高等学校在学時の成績証明書等も提出してください。
  3. 高等学校卒業程度認定試験合格(見込み)者または大学入学資格検定の合格者
    【合格(見込)証明書または合格証書(コピー)】1通+【合格成績証明書】1通
  4. 高等学校卒業後5年以上経過する等の理由により、高等学校により調査書の発行が不可能な者
    【卒業証明書】1通+【単位修得証明書または成績証明書】1通
    ※単位修得証明書または成績証明書が発行できない場合は「保存期間経過証明書」を提出してください。
  5. 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる(見込み)者
    【調査書】1通(または【修了(見込)証明書】1通+【成績証明書】1通)
成績請求票
  • 共通テスト利用方式、共通テスト併用方式に出願される方は大学入試センターから交付された成績請求票(私立大学・公私立短期大学用)を1枚送付してください。(台紙等への貼付は不要です)すでに推薦入試(一般公募)等の出願で必要書類を郵送済みの場合でも、成績請求票を提出していなければ、成績請求票の郵送が必要です。
推薦書
  • 推薦入試に必要な推薦書は、「令和4年度入学試験要項」内の専用の用紙もしくは下記PDFの推薦書(推薦入学志願者用)を印刷したものを用いて、学校長が作成し、厳封したものを送付してください。
    推薦書(推薦入学志願者用)
その他
  • 下記の入試に出願される方は、「令和4年度入学試験要項」を参照のうえ、必要書類を送付してください。
    専門高校、専門学科・総合学科等を対象とする推薦入学試験
    医学部「地域枠」
    「外部試験利用制度」
  • 【専門高校、専門学科・総合学科等を対象とする推薦入試】
    ・検定試験合格証写し(検定試験に合格したことを認定する証書の写し、A4判)
    ・志望理由書
  • 【医学部地域枠入学試験【一般前期型】【一般後期型】】
    ・志望理由書
  • 【外部試験利用制度】
    合格証・スコア等は原本の写しでも可とします。ただし、スコア等が載ったインターネット画面を印刷したものは英検有資格者確認依頼結果を除き、認められません。
    1. TOEFL iBT(有効期限は、出願開始日より過去2年以内に受験したもの)Test Taker Score Report(Examinee Score Report)
      ※TOEFL iBTテストのTest Dateスコアのみをスコアとして活用します。(MyBestスコアは活用しません)
      ※TOEFL iBT Special Home Editionでの受験も利用できます。
    2. TOEIC Listening&Reading+TOEIC Speaking&Writing(有効期限は、出願開始日より過去2年以内に受験したもの)
      OFFICIAL SCORE CERTIFICATE(公式認定証)
      (TOEIC L&R公開テストのみの受験およびTOEIC S&W公開テストのみの受験、IPテストのスコアは認められません。)
    3. IELTS(有効期限は、出願開始日より過去2年以内に受験したもの)
      成績証明書(Test Report Form)
      ※換算表記載のスコアは、4技能の平均を示す「Overall Band Score」を指します。
    4. GTEC(有効期限は、出願開始日より過去2年以内に受験したもの)OFFICIAL SCORE CERTIFICATE
      ※OFFICIAL SCOREに限ります。
    5. TEAP(有効期限は、出願開始日より過去2年以内に受験したもの)
      TEAP 成績表
      ※4技能パターンに限ります。
      ※受験時期の異なる点数の合計では認められません。
    6. 英検(有効期限を限定しません。)
      合格証明書
      (一次試験を2016年3月以前に受験した方は、2級Aを証明する場合のみ、日本英語検定協会に問い合わせのうえ、英検有資格者確認依頼結果も併せて提出してください。)
      ※英検は「英検S-CBT」、「英検CBT」、「英検 S-Interview」を含みます。

出願写真データについて(全員提出)

出願写真は、インターネット出願時に出願写真データをアップロードしていただきます。郵送の必要はありません。出願写真データのアップロード方法はこちらを参照ください。

  • 出願3か月以内に撮影した受験者本人のみが写ったカラー写真(モノクロ・スナップ写真は不可)
  • 上半身、正面(焦点が合ったもの)、無帽(ヘアバンドも不可)、背景無地、枠無しのものを使用してください。
  • 制服、私服は問いません。ただし、入学が許可された場合には、学生証用写真等に使用します。卒業時まで写真交換はできません。
  • 眼鏡着用の場合、レンズは無色透明(ブルーライトカットレンズ等の反射するものは不可)で、レンズに光が反射していないものに限ります。
  • 画像に加工を施していないこと。また、不鮮明なもの(背景と人物の境目がわかりにくくないもの等)、サングラス・マスクや髪や影で目元輪郭を隠している、目を閉じている等、個人の判別、本人確認が困難な写真は使用できません。
  • 平常の顔貌と著しく異ならないもの(たとえば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 変色や傷、汚れのないもの
  • 証明写真等、プリントアウトした写真を撮影したものは不可。
  • ファイル形式:JPEG
  • 推奨サイズ:VGA(640×480サイズ)

【受け付けできる写真例】

  • 上部に隙間がある。
  • 水平かつ正面を向いている。
  • 顔の大きさが全体の3分の1以上ある。
  • 両目の瞳が確認できる。
  • 肩の一部が写っている。
受け付けできる写真例

【不適当な写真例】

次のような写真の場合は、再請求することがあります。

不適当な写真例
  • 出願写真データは画面上でサイズを調整して登録することができますので、顔がはっきり映るように適宜調整してください。(顔が大きすぎる、小さすぎるものは不可)
  • 出願写真として適切ではないと判断された場合は、再提出になることがあります。出願期間内に再提出を行わない場合、出願は受理できません。
  • 一度受理された出願写真データは、変更することができません。

再出願者の提出書類の取り扱いについて

本年度(令和4年度)入試において、一度提出された書類の再度の提出は不要です。前回に提出したものを流用することで、志願者の出願手続きに関する負担の軽減を図ります。再出願時に前回出願した際の登録番号(出願番号)と氏名(カナ)、生年月日、電話番号を入力し、登録を開始してください。
インターネットで出願登録した後、すべての必要書類を前回の出願時に提出済みの場合は、入学検定料を入金すれば出願が完了します。ただし、前回の出願時に提出していない必要書類がある場合は、出願期間内(締切日消印有効)に送付してください。

【対象となる入試制度】
「推薦入試(一般公募)」「一般入試・前期(A日程)」「一般入試・前期(B日程)」「一般入試・後期」「共通テスト利用方式(前期)」「共通テスト利用方式(中期)」「共通テスト利用方式(後期)」「共通テスト併用方式(前期)」「共通テスト併用方式(後期)」

外部試験利用制度

「外部試験」を利用する受験者は、出願開始日より2年以内(有効期限)に受験したもので、各種協会等が発行する成績証明書等(英検の場合は合格証)を提出してください。ただし、英検については、有効期限を限定しません。
合格証・スコア等は原本のコピーでも可とします。ただし、スコア等が載ったインターネット画面を印刷したものは英検有資格者確認依頼結果を除き、認められません。 証明書等は発行までに時間がかかる場合がありますので、できるだけ出願前に準備をしておいてください。 英検において、1次試験を2016年3月以前に受験した方は、2級Aを証明する場合のみ、日本英語検定協会に問い合わせのうえ、英検有資格者確認依頼結果を提出してください。また、必ず2級合格証も併せてご提出ください。