就職・資格CAREER

OB・OG紹介

近畿大学を卒業し、
様々な業界で活躍する先輩達。

近畿大学を卒業した先輩たちに、今の職業を選んだ理由や仕事の魅力、大学で学んだ事、就職活動で役立ったことなどをインタビューしました。

卒業生のインタビュー

総務省近畿管区行政評価局 勤務

田坂 拓己さん

法学部 法学科
2015年3月卒業

法の知識をさらに深め、
国の行政改善に貢献していきたい
総務省の地方支分部局として、行政機関を調査し、課題に対して改善を促す評価監視業務に取り組んでいます。担当した調査結果が新聞に掲載された時は、自分の仕事が社会に貢献していることを実感できます。公務員の業務は法律の解釈がつきものであり、法学部で学んだ条文の解釈の仕方は日々の業務で大いに役立っています。今後も、国の行政の改善に、真摯に向き合っていきたいです。  

株式会社エイチ・アイ・エス 勤務

二宮 千洋さん

総合社会学部 環境・まちづくり系専攻
2016年3月卒業

観光を多面的に学び触れたことが
今の仕事に生きています
現在、弊社店舗にて国内外の航空券やツアーの手配をしています。高校生の頃から観光について学びたいと思っていましたが、観光系の学科よりも、地域課題や環境問題を多面的に学べる総合社会学部の方が将来に生きると考え入学しました。結果、学生時代に学んだ知識はもちろん、所属した国内旅行サークルや、まちあるき委員会、海外旅行などでさまざまな地域を見てきたことが今の仕事に生きています。社会に出てもお客さまの希望をかなえる手配や企画ができるよう、しっかりと学んでいきたいと思います。

SMBC日興証券株式会社 勤務

弓仲 将知さん

経営学部 経営学科
2018年3月卒業

社会に貢献し、
次世代のリーダーと言われるようになりたい
就職活動にあたって、大学内外の説明会に積極的に参加し、業界研究や企業が何を求めているのかしっかり考えました。自分の魅力を分析し、話し方や正しい姿勢など落ち着いて面接に臨めるよう対策も入念に行いました。そんな中、履歴書の確認や面接の報告をしあった友人の存在は、とても励みになりました。証券業界は経済を支える大切な仕事です。僕自身、社会に貢献し、次世代のリーダーと言われるようになりたいと考えています。

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)勤務

吉田 知恵子さん

理工学部 電気電子工学科
2018年3月卒業

学びと経験を面接でアピールし、志望企業に内定
教育現場のIT化に興味があり、大企業ならインフラ面から構築できるのではないかと思い、NTT西日本を志望しました。同社に勤務する近畿大学OGの方や先生にサポートしていただきながら採用試験を受験。特に面接対策に力を入れ、自分をどうアピールするか練習を重ねました。一日に複数の面接を受けることもあるので、その都度気持ちを切り替えて、光情報材料について研究した学びの内容や、サークル活動で幹部として取り組んだ経験を話し、内定を得ることができました。入社後の配属は未定ですが、SEや設計などの技術職でキャリアを重ね、いつか企画開発の仕事がしたいです。この先、学校や家庭など、社会全体でITがもっと身近になり、子どもたちが新しい技術に興味を持ってくれたら、また、こうした理系分野を学んで活躍する女性がもっと増えたらと願っています。

株式会社長谷工コーポレーション 勤務

五所尾 優樹さん

建築学部 建築工学専攻
2018年3月卒業

自分の強みと弱点を深堀りすることで
自信を持って答えることができました
建物が建っていく姿を見たいと施工管理を志望。その中でも人の暮らしと関わるマンションを多く手掛ける企業を志望しました。就職活動では自分の感情、思考、行動を振り返り、分析することで、自分の強みや弱点を把握、どんな質問にも自信を持ち答えることができました。就職後は現場の雰囲気を盛り上げて気持ちを一つに取り組み会社やお客様から信頼される現場監督になりたいです。

全日本空輸(ANA) 勤務

佐々木 こころさん

文芸学部
文学科外国語外国文学専攻
(現文学科英語英米文学専攻)
2012年3月卒業

文芸学部にはチャンスがある
私のように文学、語学を学びたい方にとっては最適な環境
現在、私は高校時代からの夢だった客室乗務員として働いています。仕事をしていてやりがいを感じるのはお客様の笑顔を見られた時です。機内という限られた空間の中だからこそ知恵を絞って方法を考え、それがお客様の笑顔に繋がった時は大変嬉しく感じられます。近畿大学では自身の夢実現のために、文芸学部に入学しました。少人数制の授業が多いので、先生や友人との距離も近く、特に語学を勉強する上で大変良い環境だったと思います。大学時代は本当にあっという間です。自分のやりたいことには積極的に取り組んで自分の夢に繋げてください。

株式会社毎日新聞社 勤務

松山 文音さん

総合社会学部 社会・マスメディア系専攻
2016年3月卒業

大学で身についた術をフル活用
メディアを通して社会を良い方向へ変えたい
主に県政を担当し、県議会や県の事業について取材をしています。近畿大学にはメディア業界で活躍された教授が多いので、実践的なアドバイスをもらえたことが就職活動の結果につながりました。現在は記事にするネタの重要性や面白さを自分で探すことが仕事です。ゼミの中で、周囲の自主性に刺激されて身についた「1人で考え、決断し、動く力」が生かされています。情報があふれている今だからこそ、人の目にとまるような記事をどんどん書いていくことを目標に仕事に励んでいます。

キューピー株式会社 勤務

矢部 由貴さん

農学部 応用生命化学科
2018年3月卒業

高い意識を維持して、
高品質かつ安定した商品を送り出したい
内定先では、工場において人や製造ライン、食材の管理を行う部門に配属されることになりました。将来的には管理職をめざしていきます。大学で食品とアレルギーの関連を研究したのは、高校生の時、一時的に食物アレルギーを発症し、そのメカニズムに興味を持ったことがきっかけ。食品メーカーとの共同研究として、普通の大豆と遺伝子組み換え大豆に含まれるアレルゲンタンパク質の含有量の違いを抗体などを駆使して解析しました。こうした研究過程で学んだのは、物事を正確かつ着実に進める大切さ。食品メーカーでは何よりも安全性が問われるので、高い意識を維持して、高品質かつ安定した商品を送り出したいです。

国立病院機構京都医療センター 勤務

瀬津 健太郎さん

生物理工学部 医用工学科
2015年3月卒業

在学中に数多く医療機器に触れられたことで、
現場への移行もスムーズに
臨床工学技士として、透析室やオペ室、救命センターなどで透析や医療機器の管理、操作、保守などを行っています。特定の分野だけではなく、透析業務からカテーテル、呼吸器などの機器管理・保守など、臨床工学技士として幅広い業務にかかわれることに魅力を感じ、今の職場を選びました。在学中から、学内の充実した施設・設備で医療機器に触れていたおかげで、現場にもスムーズに入っていけました。医療機器の専門家として、機器関係で困ったときに院内から呼ばれることが多いわけですが、患者さんはもとより医師や看護師、コメディカルスタッフの方々から信頼される臨床工学技士を目標に、今後も勉強を重ねていければと思います。