近畿大学について ABOUT

東大阪キャンパス

東大阪キャンパスの学部

  • 法学部
  • 経済学部
  • 経営学部
  • 理工学部
  • 建築学部
  • 薬学部
  • 文芸学部
  • 総合社会学部
  • 国際学部
  • 短期大学部

キャンパスマップ・施設紹介

  • A西門

    大学のシンボルともいえるレンガ造りの門。

  • B英語村E3[e-cube]

    誰もが気軽に“英語”に触れられる施設。

  • C11月ホール

    1,500人収容。音楽公演やシンポジウムを多数開催。

  • D38号館(理工学部・薬学部)

    多くの研究者・技術者を育てる充実の実習施設。

  • EBLOSSOM CAFÉ

    フードコートやコンビニがある多目的学生ホール。

  • F情報処理教育棟(KUDOS)

    最新IT機器を使い、学生たちが自由に学習できる施設。

  • GEキャンパス人工芝グラウンド

    アメフトなどの公式試合も行える人工芝の競技場。

  • H記念会館

    8,000人収容。式典やクラブの公式試合など開催。

  • I原子力研究所

    私立大学で唯一、教育・研究用の原子炉。

  • JD館(文芸学部棟)

    2014年9月完成。演劇・舞踊の公演もできるホールや、陶芸・染織・油彩画など様々な実習室が集まる芸術学科の拠点。

近畿大学東大阪キャンパス整備計画「超近大プロジェクト」始動

東大阪キャンパスが生まれ変わる!

2020年の完成をめざし、東大阪キャンパスの大規模整備を行っています。2016年春までに3学部の新校舎(文芸学部新芸術棟、法学部棟、国際学部棟)が完成し、2017年には機能を一新した図書館も完成予定です。さらに、新たなシンボルとなるタワー棟(地上11階)、グローバル機能を集約した「インターナショナルフィールド」、日本最大規模の座席数を備えた24時間オープンの自習室が核となる「ナレッジフィールド」、産学連携、就職支援など社会の窓口となる「オープン・キャリアフィールド」、学生・教職員の交流の場となる食堂・カフェ・ラウンジを備えた「アメニティフィールド」といった4つの「フィールド」を創り出します。

プロジェクト3大ポイント
  • ●近畿大学史上最大の約400億円を投じた大規模キャンパス整備
  • ●2,400席ある自習室を24時間開放し、いつでも学べる環境をつくる
  • ●スーパーバイザーに松岡正剛氏を起用。「実学」と「編集工学」をMIX

超近大プロジェクト プロモーションビデオ公開中!超近大プロジェクト プロモーションビデオ公開中!

近大生が教えるリアルキャンパススポット!

  • 春になると、自然豊かなこの裏庭でご飯を食べる人が増えます。ここで新しく友達ができたりもします!
  • 静かで集中できる場所。勉強や読書を誰にも邪魔されたくない!そんな人におすすめです。
  • 好きな映画のDVDを観られる場所! 最新作もあり、海外の映画を英語音声で観ることができます。
  • 1人で勉強もできて、友達同士でご飯を食べながらおしゃべりしたり勉強したりもできます!

所在地

〒577-8502 大阪府東大阪市小若江 3-4-1
TEL:(06)6730-1124

交通アクセス

キャンパスをストリートビューで見る