学部・学科ACADEMICS

医学部(大阪狭山キャンパス)

医学科

3つの総合病院と連携した丁寧な指導で優秀な医師を育成

近畿大学医学部は、関西私立総合大学では唯一の医学部です。附属病院を併設し、地域医療を支える拠点としても存在感が高まっています。優秀な医師を育てる実践的なカリキュラムを用意しており、病院実習や少人数のグループディスカッションと自習を繰り返す「テュートリアルシステム」などを導入し、実践力と問題解決力を身につけます。このほか、海外の大学への短期留学制度や医師国家試験対策など、学ぶ意欲を支える体制が万全です。

医学部(大阪狭山キャンパス)
医学科
総合社会学科

医師や研究機関などで働く医学者をめざすための6年制の学科です。内科学や外科学、小児科学、放射線医学など、医学全般を学びます。附属病院が隣接するというメリッ卜を生かし、1年次から実際の医療現場で患者さんと接する実習が始まります。また、指導医について臨床実習を行う「クリニカル・クラークシップ」は、指導医1人に対して学生が数人という少人数制を徹底。丁寧な指導を経て、卒業試験、さらに医師国家試験に臨むことができます。

目標とする資格 医師
所定の単位修得で
取得できる主な資格
医師国家試験受験資格
将来の進路 医療の未来を担う最新の知識・技術・人間性を身につけ、「良き医師」「良き医学者」として活躍しています。また、大学院に進学し、さらに高度な研究をする人も多数います。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

卒業後2年間、臨床研修医として病院などで勤務しています。

医学部独自の学び体系

病院実習(1年次)

良い医師にはコミュニケーション能力が欠かせません。患者さんとの対応やコメディカルの人々との対応を実際の現場で学び、医療がどのような連携で行われているかを早期に学習します。

ユニット・コース学習(専門科目)【2~4年次】

多方面にわたる疾病の病態生理を分かりやすくし、しかも効果的・効率的に学習できるよう、臓器・器官別のユニットに分け、複数科の担当者が多角的に学生を指導します。

テュートリアル 【2~4年次】

自発的に問題の本質に気づくことを目的に、2~4年次の3年間にわたりテュートリアルという実践的な演習を行います。グループごとにディスカッションと自学自習を繰り返し、問題解決能力を身につけます。

クリニカル・クラークシップ(臨床実習)【5~6年次】

クリニカル・クラークシップとは、学生が指導医に密着して行う実習のこと。指導医のすべての行動に立ち会うとともに、患者さんの了承を得たうえで一定条件下で許容される基本的医療行為を行うシステムで、より「患者さんに近づいて学ぶ」ことができます。

附属病院

3つの総合病院を備えた医学部は全国でも希少。幅広い臨床医療を体験できます。

学部での臨床実習や卒業後の臨床研修を通して総合的医学教育を実現するのが、医学部の3つの総合病院です。医学部キャンパス内の附属病院では特定機能病院としての最新医療を、堺病院と奈良病院ではプライマリ・ケアや高度な先進医療を学ぶことができます。

医学部附属病院
特定の疾患を中心に学ぶことができる

厚生労働省から南大阪唯一の「特定機能病院」に指定されています。常に最新医療を追求しながら、南大阪における地域医療に貢献する病院として、高い評価を得ています。また、東洋医学・腫瘍免疫等研究所附属診療所、救急災害センターも附設しています。

医学部附属病院
医学部堺病院
市中病院における地域医療を学ぶことができる

国立泉北病院を前身に、1999年、厚生労働省から経営委譲を受けて開院。地域医療に貢献する市中病院として、地元の病院・診療所との連携を強めています。

医学部堺病院
医学部奈良病院
最先端の高度医療を学ぶことができる

最新システムを備えた高度医療機関をめざし、1999年に開院。先進的な医療機器と、臓器や疾患別の内科系・外科系専門医のチームワークにより、スピーディーかつ的確・安全な高度医療を行っています。また、救急医療体制にも万全を期しています。

医学部奈良病院

先進医療のための最新設備・機器がそろう
~医学部附属病院~

医学部附属病院は地域がん診療連携拠点病院に認定されており、がんの診断・治療に関してトップクラスの実績を保持しています。
救急災害センターでは、軽症から重症までの救急患者を総合的に扱っています。救命救急センター、心臓血管センター、脳卒中センター、ERなどの救急部門が高度な医療機器を配備した5階建ての新棟に集約されており、想定されうる大規模災害時には、重篤な傷病者を受け入れる拠点としての役割が期待されています。

2014年には最新鋭の手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入しました。「ダ・ヴィンチ」を使用したロボット手術は従来の開腹術と比較して患者さんへの負担が小さく、今後ますます広範囲における活用が期待されています。
学生たちは最新の医学知識や高度な医療技術を、このような最先端の設備が揃う環境で学んでいます。