近畿大学について ABOUT

近畿大学の歴史

学園の拡充を進め、総合大学としての礎を築く

近畿大学は大正14年創立の大阪専門学校と昭和18年創立の大阪理工科大学を母体として、昭和24年、新学制により近畿大学として設立されました。設立当時は理工学部、商学部(のちに商経学部、さらに平成15年4月に経済学部、経営学部へ改組)の2学部でスタートしました。翌年には法学部、短期大学部を設置。その後も、薬学部(昭和29年)、農学部(昭和33年)、工学部(昭和34年)、産業理工学部(昭和41年)を次々に開設し、総合大学の礎を順調に築いていきました。そして、昭和49年には医学部を設置、翌年には医学部附属病院を開院するに至りました。この間にも、学科の増設をはじめ、研究所、短大、高等専門学校、高等学校、中学校、小学校、幼稚園に至るまで、西日本を中心に学園の整備を進めてきました。

真の総合大学としてさらに発展

近畿大学は常に時代の動向を敏感に感じとり、日本の未来を進取する取り組みを行ってきました。平成の始まりと共に“文学、芸術、文化”を横断するジャンルを研究領域とした文芸学部を開設。理系中心の学部構成に新風を吹き込み、真の総合大学の完成を目指しました。さらに、生体の持つ優れた機能に着目、そのメカニズムなどを学ぶバイオミメティクスを柱とした新領域を研究する生物理工学部を平成5年に開設。平成16年には法科大学院を開設し、幅広い教養と高度な専門知識を備えた、国際感覚あふれる市民のための法曹を養成しています。
そして、平成22年に総合社会学部、23年に建築学部、平成28年に国際学部を開設。総合大学としてさらに発展を続けます。

幅広い分野で活躍する人材を育成し続ける

近畿大学は14学部48学科、法科大学院とすべての学問分野を究める大学院11研究科を持ち、20の研究所等、2つの短大、併設学校18校園、さらに大規模な総合病院を3カ所に設置する、わが国でも有数の私立総合大学に発展しました。学生数は約3万人、卒業生は48万人を超え、近畿大学の卒業生はあらゆる分野で、社会の根幹を支える人材として活躍しています。


近畿大学東大阪キャンパス整備計画2020年完成イメージ

創設者 世耕弘一と近畿大学

近畿大学初代総長
世耕 弘一(明治26年−昭和40年)

"総合大学として多彩な学部を揃え、「実学教育」によって研究成果を社会に役立てる。"
確固たる信念を持ち、近畿大学を創設した世耕弘一の「炎の人生」をたどります。

自らの運命を切り開く、不撓不屈の苦学生

明治26(1893)年、和歌山県に生まれた世耕弘一は、高等小学校卒業まで首席を通しながら、経済的な理由で中学進学をあきらめて奉公に出た。しかし、学問への思いは断ちきれず、東京・神田の英語学校を経て日本大学へ進学。卒業後は朝日新聞社に就職するが、弘一の才能と志に注目していた日本大学によって、大正12(1923)年、ドイツの名門ベルリン大学へ留学する機会を与えられた。

反骨精神を貫いた、孤高の政治家

留学を終えた弘一を待っていたのは、不況の嵐が吹き荒れ、失業者が溢れる日本。「国民を飢えさせてはいけない」との思いから政治家を志し、昭和7(1932)年に衆議院議員に初当選。以後30余年、権力の不正と戦う“反骨の政治家”として、国民のために手腕をふるい続けた。

理想の大学づくりに心血を注いだ、情熱の教育者

第二次大戦後、弘一は活躍の舞台を教育現場に移す。貧しさのため一度は進学を断念した経験から、「学びたい者に学ばせたい」と近畿大学の創設に情熱を傾けた。「医学部から文学部まで全学部を揃えたい。全ての日本人が大学教育を受けられる時代を見据えた先駆けモデルとなる大学をめざす」。「学問・実際一如の有機的教育の徹底を建学の精神とし、特に魂の啓培に力を注ぎ、堅実な思想を持つ有為な人材養成を目的とする」。弘一が人生をかけて思い描いた理想の教育、それが近畿大学であり、現在もその精神が受け継がれている。

  • 建学の精神
    「実学教育」と「人格の陶冶」
  • 教育の目的
    人に愛される人
    信頼される人
    尊敬される人
    を育成することにある。