入試情報・学費EXAMINATION

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金(貸与)

第一種奨学金:選択型(無利子)

学部 条件 内容
全学部
短期大学部
  • ■人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学が困難な人。
学力
  • 1年生:高等学校の評定平均値3.5以上。
    または高等学校卒業程度認定試験(入学資格検定)に合格。
  • 2年生以上:所属学部・学年の成績上位1/3以内、および、前年度迄の取得単位数が標準取得単位数を超えている者。
家計

4人世帯・本人自宅外通学の場合(大学学部の場合)(目安)

家計支持者など父母(両方)または父母に代わって家計を支えている人全員の収入(2015年分)が次のいずれかに該当する者とします。

  • ■給与世帯の場合
    年間収入金額 871万円以下(税込み)
  • ■その他の世帯の場合
    年間所得金額 439万円以下
    (家族の人数や事情によって異なります)
  • ★選考
    学業成績、家庭の経済事情、人物等の選考を行い、総合得点の上位者から日本学生支援機構に推薦します。
    従って申込者全員が採用されるとは限りません。

※高等学校など在籍時に予約採用候補者の制度があります。詳細は在籍の高等学校などにお問い合わせください。

月額30,000円

または

自宅通学
月額54,000円(大学)
月額53,000円(短大)
自宅外通学
月額64,000円(大学)
月額60,000円(短大)

※2015年度入学生

詳細情報

第二種奨学金:選択型(有利子)

学部 条件 内容
全学部
短期大学部
  • ■人物・学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学が困難な人。
学力
  • 1年生:高等学校における成績が、平均水準以上である者。
  • 2年生以上:学業不振により留年していないこと。
家計

4人世帯・本人自宅外通学の場合(大学学部の場合)(目安)

家計支持者など父母(両方)または父母に代わって家計を支えている人全員の収入(2015年分)が次のいずれかに該当する者とします。

  • ■給与世帯の場合
    年間収入金額 1,214万円以下(税込み)
  • ■その他の世帯の場合
    年間所得金額 782万円以下(なお、就学者が3人以上の世帯については、就学者の数に応じて年収の上限が高くなります)
  • ★選考
    学業成績、家庭の経済事情、人物等の選考を行い、総合得点の上位者から日本学生支援機構に推薦します。
    従って申込者が全員採用されるとは限りません。

※高等学校など在籍時に予約採用候補者の制度があります。詳細は在籍の高等学校などにお問い合わせください。

希望する奨学金の月額を次の中から選べます。
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
(貸与途中で月額を変更することもできます。)
  • ※ 医学部40,000円、薬学部20,000円の増額も可能。
    (ただし、120,000円を選択した場合のみ)
  • ★利息
    [1]利率固定方式(貸与終了時に決定する利率で最後まで返還)、[2]利率見直し方式(貸与終了後おおむね5年毎に見直しされる利率で返還)より選択します。
    卒業あるいは退学した翌月から月単位で利息が計算されます(在学中および返還期限猶予期間は無利息)。

詳細情報

「学費・奨学金」トップへ戻る

  • ※ 内容は変更となる場合があります。「平成28年度入学試験要項」を確認のうえ、出願してください。