学部・学科ACADEMICS

クロマグロの完全養殖に続く、世界に貢献する研究に挑戦!

世界で初めて成功したクロマグロの完全養殖やうなぎ味のナマズの開発など、最先端の研究を数多く行っている農学部。農学にとどまらず、水産学やバイオサイエンスなどの幅広い学問分野から、食や環境、健康といった諸問題にアプローチします。卒業後は専門知識を生かし、食品メーカーなどでの研究や商品開発に携わったり、医薬情報担当者(MR)や管理栄養士として医療現場で活躍したりと、多彩な進路が開かれています。

農学部 学び紹介BOOK Vol.1

農学部 学び紹介BOOK Vol.2

農学部
農業生産科学科
農業生産科学科

「食糧生産」「生物といやし」「アグリビジネス」の3つの視点からのグローバルな教育・研究を展開。「食糧生産」では生物多様性と地球環境に配慮した食糧生産、「生物といやし」の視点からは花の栽培や香り成分のいやし効果の分析と応用、「アグリビジネス」では新しい農業の確立と起業家の育成をめざし、農産物の開発と生産から消費までをトータルに見据えた農業生産システムについて研究しています。

研究テーマ/
学習内容
  • ●食糧の持続的な生産方法や植物による緑化などを研究
  • ●作物資源の生産性や機能性をもった品種の改良
  • ●園芸作物の栽培及び品種改良
  • ●主要作物を病害から守る応用技術の研究・開発
  • ●昆虫を用いた環境に優しい農作物生産の研究
所定の単位修得で
取得できる主な資格
園芸療法士/学芸員/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科・農業)
将来の進路 農業試験場や植物防疫所、環境アセスメント会社などの栽培・生物関連分野のほか、食品・飲料企業、農業協同組合などでも多く活躍しています。さらに学芸員として活躍する道も広がっています。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●カゴメ●キユーピー●味覚糖●サカタのタネ●敷島製パン●イオンアグリ創造●日本サンガリアベバレッジカンパニー●京都中央農業協同組合●住友林業緑化●全国農業協同組合連合会●日本曹達●日新製糖●日亜化学工業●奈良県庁●大阪府教育委員会●名古屋大学大学院

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

農学部
水産学科
水産学科

食品だけではなく医薬品や工業用材料、エネルギーなどにも海洋資源が利用されるようになり、その一方で海洋の環境汚染が問題となっている現在、水産業の重要性はますます高まっています。水産学科では、生物、増養殖、漁業、水産加工業、流通など水域の食糧生産にかかわる学問分野から、水域生態系の評価・保護・改善・修復・共生などの環境保全分野まで、幅広い分野の教育を進めています。

▼JABEE(日本技術者教育認定機構)認定済み[JABEEとは

研究テーマ/
学習内容
  • ●遺伝子改変魚の作出など、魚類の改良を探求
  • ●日本と世界の水産業を経済的視点から解明
  • ●人と自然が調和する水域生態系の保全・修復
  • ●利用されていない水産資源の有効活用や魚肉たんぱく質の機能解明
目標とする資格 技術士/食品衛生管理者/食品衛生監視員
所定の単位修得で
取得できる主な資格
技術士補/潜水士/小型船舶操縦士[二級]/学芸員/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科・水産)
将来の進路 水産増養殖関連の会社や水産に関する財団のほか、食品・飲料企業、水族館、公務員など専門知識・技術を生かした就職先が多くなっています。また、大学院へ進学する人も多数います。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●ヤマキ●マルハニチロ●三菱食品●六甲バター●丸大食品●日清丸紅飼料●持田製薬●亀田製菓●井村屋グループ●日本海事検定協会●イオンリテール●ゼリア新薬工業●フィード・ワンホールディングス●堺市役所●京都大学大学院

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

農学部
応用生命化学科
応用生命化学科

応用生命化学は、人口の増加やエネルギー危機や食糧危機、健康問題など、人類が地球規模で直面する諸問題を解決する鍵として注目を集める学問です。本学科では、生物の特性を生かした様々な研究を展開しています。生命、資源、食糧、環境の4つの柱のもと、機能性食品の開発、微生物代謝産物や未利用植物資源の活用など、生活を豊かにする研究に取り組んでいます。

研究テーマ/
学習内容
  • ●有用物質の生産に重要な微生物を研究
  • ●最先端バイオ技術を駆使して抗がん成分などを研究・開発
  • ●食品由来の成分を調べ、さまざまな疾患予防を研究
  • ●生物由来の物質に着目し、環境に優しい農薬を開発
  • ●生物・植物の機能開発
目標とする資格 食品衛生管理者/食品衛生監視員/危険物取扱者[甲種]
所定の単位修得で
取得できる主な資格
学芸員/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科・農業)
将来の進路 生物系・化学系の知識を生かし、バイオテクノロジーや科学技術を駆使する食品、酒造、医薬、農薬、医療、パルプ・製紙・紙加工品企業などで即戦力として活躍しています。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●大塚化学●久光製薬●協和発酵キリン●大陽日酸●ホクト●和光純薬工業●キユーピー醸造●塩野香料●積水樹脂●ロック・フィールド●伏見銘酒協同組合●ニチハ●マルサンアイ●大阪府庁●大阪府教育委員会●京都大学大学院●大阪大学大学院

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

農学部
食品栄養学科(管理栄養士養成課程)
食品栄養学科(管理栄養士養成課程)

人間生活の基礎要素である食・栄養・健康に関する問題を基礎から応用まで研究するとともに、管理栄養士養成機関として地域、福祉、医療などの現場で活躍できる人材を育成。臨床系科目を多く取り入れたカリキュラムを設定し、総合力のある管理栄養士を養成しています。また医学部や医学部附属病院、薬学部と連携した実習を行うなど、総合大学のメリットを最大限に活用。附属病院での栄養指導や実習などで実践力を磨きます。

臨床系に強い栄養指導のプロを育成

近年、管理栄養士の職域は拡大傾向に。食品栄養学科では実践的な管理栄養士を養成するための実習を重視しています。食品の特性を理解し、調理の基礎を習得する調理学実習をはじめ、附属病院で栄養カウンセリングに関する実習、解剖学実習、臨床栄養を学ぶ臨地実習科目などを実施。3つの総合病院を持つメリットを生かし、臨床に強い管理栄養士を育成しています。

研究テーマ/
学習内容
  • ●生活習慣病を解析し治療法を確立
  • ●食意識や食環境などを調査し、生活習慣病を研究
  • ●栄養プログラムの分析
  • ●生活習慣病の新説「胎児期発症起源説」を研究
  • ●食糧問題を解決する機能性食品の開発をめざす
目標とする資格 管理栄養士
所定の単位修得で
取得できる主な資格
管理栄養士国家試験受験資格/栄養士/健康運動実践指導者/健康食品管理士/食品衛生管理者/食品衛生監視員/栄養教諭一種/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科)
将来の進路 管理栄養士の資格を生かし、病院、医療・福祉施設、健康・スポーツ系施設のほか保健所などで活躍。また、小・中学校の栄養教諭など、食と健康のスペシャリストとして力を発揮しています。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●アステラス製薬●近畿大学医学部附属病院●大阪医科大学附属病院●大阪大学医学部附属病院●佐藤薬品工業●三菱食品●日清医療食品●シノブフーズ●坂門ヶ原保育園●社団医聖会学研都市病院●協同福祉会あすなら苑●大阪市役所●奈良市役所●たじま農業協同組合●東大阪市教育委員会●愛媛大学教育学部附属小学校

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

農学部
環境管理学科
環境管理学科

陸域の絶滅危惧種の保全や多様な水生生物の調査、食品工場の環境衛生管理、環境の修復、緑化、途上国における環境保全と利用などといった研究を展開。また、これらを具体化するための政策立案など、環境問題に様々な角度からアプローチし、世界を舞台に活躍できる環境マネジメント能力を持つ人材を養成します。

研究テーマ/
学習内容
  • ●野外調査により自然との共生や生物の生態を解明
  • ●水生生物の多様性や生態系の仕組みを研究
  • ●環境を科学と微生物学の面から調査・探求
  • ●国際的な視野から環境保全と貧困問題を解決
  • ●自然科学をベースに環境保全の在り方を研究
目標とする資格 ビオ卜ープ管理士/環境マネジメン卜システム審査員/環境計量士/公害防止管理者
所定の単位修得で
取得できる主な資格
自然再生士補/学芸員/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科・農業)
将来の進路 環境・開発コンサルタント、食品・飲料企業、流通企業、公務員など多様な業種への就職が可能。また、国内外の環境関連NGOなど国際基準の発想や視野が必要とされる業界での活躍も期待されています。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●豊田通商●西日本電信電話●アワーズ(白浜アドベンチャーワールド)●フジパングループ本社●ハウスウェルネスフーズ●兵庫六甲農業協同組合●近畿大阪銀行●ザイエンス●マリンフーズ●奈良県土地改良事業団体連合会●エバラ食品工業●南海造園土木●神戸屋●京都府庁●奈良県庁●大阪府教育委員会●京都大学大学院

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

農学部
バイオサイエンス学科
バイオサイエンス学科

最先端の生命科学研究と実践的研究を融合させ、医療、創薬、食糧、エネルギーなど人類が直面する問題の解決に向けた研究を展開しています。具体的には、再生医療、クローン動物、ゲノム創薬、天然物創薬、病害・ストレス耐性植物、多収性作物、バイオ燃料、新規酵素などの実現をめざした技術開発に力を入れた研究を行っており、これまでに多くの研究成果を世界に向けて発信しています。

研究テーマ/
学習内容
  • ●最先端技術を駆使した未来型スーパー植物の育種
  • ●動物バイオ技術によるクローン動物作出の研究
  • ●細菌のゲノムをもとに新たな抗生物質の研究・開発
  • ●でんぷん・たんぱく質系環境調和型素材の開発
  • ●酵素の構造などの分析・研究
目標とする資格 危険物取扱者[甲種]/上級バイオ技術者/胚培養士
所定の単位修得で
取得できる主な資格
学芸員/中学校教諭一種(理科)/高等学校教諭一種(理科・農業)
将来の進路 バイオ技術を生かし種苗企業、製薬・化学・飼料企業、食品・飲料企業などの分野で、多くの卒業生が活躍しています。また、大学院へ進学し、研究者になるなどの道も広がっています。

※資格により、施設体験・卒業後の申請などが必要な場合があります。

主な就職先一覧

●キリンビバレッジ●サッポロビール●ブルボン●ユーシーシー上島珈琲●大王製紙●東和薬品●持田製薬●住友林業●三井住友海上火災保険●関西グリコ●丸大食品●井村屋グループ●塩野香料●大阪府教育委員会●京都大学大学院●大阪大学大学院

※主な就職先・進学先一覧は2016年3月卒業生実績(抜粋・順不同)です。

JABEE(ジャビー)とは
JABEE(日本技術者教育認定機構)は、「国際的に通用する技術者教育」の認定を行う機関です。厳格な審査のもと、そのレベルに達したプログラムのみを認定します。